産経ニュース

【福島石像損壊】韓国人容疑者、11月に日本に入国 国道4号線を歩いているところを逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新

【福島石像損壊】
韓国人容疑者、11月に日本に入国 国道4号線を歩いているところを逮捕

左手が壊された長命寺の仏像=6日、福島県須賀川市 左手が壊された長命寺の仏像=6日、福島県須賀川市

 福島県泉崎村の神社でキツネの石像などを壊したとして、器物損壊と建造物侵入の疑いで逮捕された住所不定、韓国籍の無職、チョン・スンホ容疑者(35)が今年11月に日本に入国していたことが11日、捜査関係者の話で分かった。

 これまでの調べで、チョン容疑者は密入国以外の正規の方法で入国し、福島県内を拠点として移動していたとみられる。

 また、チョン容疑者は逮捕された10日、白河市内の国道4号線を1人で歩いていたところを不審に思った巡回中の白河署員に逮捕されていたことも分かった。チョン容疑者は片言の日本語をしゃべることはできるが、取り調べの意思疎通には通訳を介さなければいけない状態だという。

 チョン容疑者の逮捕容疑は9日夜、福島県泉崎村の稲荷神社でキツネの石像2体を壊し、さらに本殿に侵入してキツネの木像などを壊した疑い。

 福島県では今月に入り、泉崎村の北側の須賀川市、郡山市、福島市の寺や神社などで仏像や地蔵像が壊されるなどの被害が相次ぎ、壊された仏像などは100体近くに上っている。

このニュースの写真

  • 韓国人容疑者、11月に日本に入国 国道4号線を歩いているところを逮捕

「ニュース」のランキング