産経ニュース

【電通女性社員過労自殺】高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(上)「電通鬼十則は即時消すべき」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【電通女性社員過労自殺】
高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(上)「電通鬼十則は即時消すべき」

富士の樹海に設置された自殺防止の掲示板について説明する川人博弁護士=11月29日、東京都千代田区、日本記者クラブ(高原大観撮影) 富士の樹海に設置された自殺防止の掲示板について説明する川人博弁護士=11月29日、東京都千代田区、日本記者クラブ(高原大観撮影)

 電通の新入女性社員で、過労自殺した高橋まつりさん=当時(24)=の遺族代理人を務める弁護士、川人博(かわひと・ひろし)氏(67)の講演会が11月29日、東京都千代田区の日本記者クラブで開かれた。川人氏は、長時間労働の歴史的背景や、電通の企業体質の問題点などについて話し、早急に対策を講じるよう訴えた。

 電通には厚生労働省東京労働局などが家宅捜索に入り、午後10時には全館で消灯されるなどの対策が行われているが、恒常的な人手不足の一方で業務量が減り、働く環境が改善されるかは不透明だ。高橋さんは最長で月に約130時間の長時間残業を強いられていたという。

 《川人氏は1949年、大阪府泉佐野市生まれ。78年に弁護士登録。88年に「過労死110番」の設立に参加するなど過労死問題に取り組んできた》

 

 過労死問題は戦前にも…

 川人弁護士「自己紹介します。1988年から『過労死110番』という過労死問題に取り組む活動をしてきました。現在、民間団体や政府の仕事をしています。過労死の問題は戦前日本、殖産興業の時代から明治大正、昭和初期とさかのぼって考えなければいけないと思います。まずは用意した映像を見ていただきたいと思います。昭和2年に半年で47名の製糸業の女子工員が投身自殺をおこしたという報道です。当時の民間団体が諏訪湖への投身自殺を防止しようと、立て札を立てたり、巡回して防止する活動を行った。この団体は吉野作造さん(1878~1933年、大正デモクラシーを指導した思想家)や市川房枝さん(1893~1981年、婦人参政権獲得に尽力した婦人運動家)なども参加していたということです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(上)「電通鬼十則は即時消すべき」
  • 高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(上)「電通鬼十則は即時消すべき」
  • 高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(上)「電通鬼十則は即時消すべき」

関連ニュース

【電通女性社員過労自殺】高橋まつりさんの悲痛な叫びを世に問うた川人博弁護士講演録(下)「深夜の飲み会で叱責して生産性上がるのか」

「ニュース」のランキング