産経ニュース

【ASKAまた覚醒剤】ASKA容疑者の知人激白「現実を受け入れろ」 有名人でも関係ない再犯リスク

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKAまた覚醒剤】
ASKA容疑者の知人激白「現実を受け入れろ」 有名人でも関係ない再犯リスク

送検のため警視庁東京湾岸署を出るASKA容疑者=11月30日午前 送検のため警視庁東京湾岸署を出るASKA容疑者=11月30日午前

 著名人では、歌手の酒井法子(45)は09年の逮捕から7年、水着グラビアなど芸能活動を本格化させた。対照的に元夫の高相祐一容疑者(48)は危険ドラッグの所持で逮捕された。

 今年は元プロ野球選手の清原和博氏(49)や元俳優の高知東生氏(51)も覚醒剤で逮捕された。石丸氏は「ファンは過ちを許してくれるかもしれないけれど、依存症の苦しみは有名人にも平等にやってくる。大切なことは、自分を病人だと認め、薬をやめる努力をすることだ」と訴える。

 ASKA容疑者が現実を直視する日はくるのだろうか。

このニュースの写真

  • ASKA容疑者の知人激白「現実を受け入れろ」 有名人でも関係ない再犯リスク

関連ニュース

【ASKAまた覚醒剤】ASKA容疑者、警察の事情聴取に「海外のグーグルサイトに侵入したら盗聴された」

「ニュース」のランキング