産経ニュース

「お膳立て通りに踊っていただけ」「自分は指揮官。金銭は無関与」 田母神俊雄被告、検察側被告人質問でも現金配布了承を否定 東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


「お膳立て通りに踊っていただけ」「自分は指揮官。金銭は無関与」 田母神俊雄被告、検察側被告人質問でも現金配布了承を否定 東京地裁

田母神俊雄被告 田母神俊雄被告

 「自分は指揮官。お金のことは部下に任せていた。現金配布は部下がやったことで、了承はしていない」。平成26年2月の東京都知事選をめぐり選挙運動員に現金を配ったとして、公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神(たもがみ)俊雄被告(68)の公判が1日、東京地裁(家令和典裁判長)で開かれた。検察側による被告人質問が行われ、田母神被告は改めて無罪を主張した。

 この公判の争点は、選挙を手伝った陣営の運動員に対して元陣営幹部が行った報酬配布を、田母神被告が了承していたかどうか。検察側は「了承があった」として、田母神被告も共謀関係にあったと指摘。一方、弁護側は「了承はない」と無罪を主張している。

 11月17日の公判では弁護側による被告人質問が行われ、田母神被告は「運動員への報酬支払いを元陣営幹部から提案されたとき、あまりに多額だと感じ、中止させようと考えた。自分では了承したつもりはない」と主張。ただ、運動員に選挙後に報酬を渡す行為が違法だとは知らなかったとして、「自分の知らない間に報酬が配布されてしまっていた。一度支払ったお金を『返してくれ』とはいえないので、『仕方ないな』と受け入れていたのは事実だ」などとも話していた。

 田母神被告は検察側の被告人質問で、「あなたは当時、政治団体の代表だった。最終的な決裁権はあなたにあったはずだ」と指摘されると、「それはその通りだが、元陣営幹部から『お膳立て通りに踊ってくれ』といわれ、踊っていただけだ。お金のことは部下がきちんとやってくれると思っていた」と主張。

続きを読む

関連ニュース

【失墜-田母神元空幕長逮捕(上)】政治資金…陣営の深い闇 横領罪で互いに告発、内部崩壊

「ニュース」のランキング