産経ニュース

腐った茶殻送りつける…ボーイスカウト時代の「いじめ」に40歳で“報復”

ニュース 社会

記事詳細

更新


腐った茶殻送りつける…ボーイスカウト時代の「いじめ」に40歳で“報復”

 子供のころいじめられた恨みだとして、知人にごみなどを郵送していた男が逮捕された。警視庁に30日までに都迷惑防止条例(つきまとい行為の禁止)違反などの疑いで逮捕されたのは、東京都武蔵野市の無職、三浦重太容疑者(40)。男性4人に計500通以上を送っていたとみられ、4人とは小学生時代、近所の教会で活動したボーイスカウト仲間だった。(サンケイスポーツ)

 逮捕容疑は昨年8月から今年10月までの間、70回にわたり知人の男性大学講師(40)の勤務先に、腐った茶殻や菓子の空き袋、女性用ストッキングなどが入った封筒を送った疑い。

 「ボーイスカウトをしていたころにいじめられた恨みでやった」と容疑を認めている。「弁当を一人で食べるようないじめを受けていた」と主張しているが、いじめがあったかどうかは確認が取れていないという。

 三浦容疑者は、封筒の差出人欄に男性の名前と勤務先を書き、宛先は電話帳などから無差別に選んで記入して、切手を貼らず投函。そのため受け取り拒否され「差出人」にUターンしてしまう。

 茶殻はほとんど腐って異臭を放っており、男性は勤務先から苦情を言われていた。「お前のオムツ姿がみたい」「しょんべんもらせ」などと書かれたメモも入っていた。

 捜査関係者は「ここ5年くらい無職でイライラしていたと話しており、それが引き金となって犯行に及んだ可能性がある」と話している。

 昨年10月、ボーイスカウトが関係する教会のマリア像が赤いペンキで汚される事件があり、目撃情報から三浦容疑者が浮上。ごみの送りつけも明るみに出たという。

関連ニュース

東京学芸大付属高でいじめに関わった生徒2人を書類送検 傷害容疑、被害者に手首骨折や脳震盪

「ニュース」のランキング