産経ニュース

【千葉女性監禁】女性生き埋めに無期判決 「動機も経緯も身勝手」 遺族「納得できない」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉女性監禁】
女性生き埋めに無期判決 「動機も経緯も身勝手」 遺族「納得できない」

中野翔太被告 中野翔太被告

 「動機も経緯も身勝手」。昨年4月、千葉県芝山町で女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われ30日に無期懲役の判決が言い渡された住居不定、無職、中野翔太被告(21)の裁判員裁判。千葉地裁の吉井隆平裁判長は、中野被告が犯行に不可欠な役割を果たしたと認定。能動的に関与したとして「18歳の生命を奪った結果は重大」と断罪した。

 この日の公判で中野被告は、主文読み上げの瞬間も裁判長を見据えたままだった。最後に吉井裁判長から「犯した罪の重大さに向き合うように」と諭されると弱々しく「はい」と答え、閉廷時には疲れ果てた様子で椅子に腰を下ろした。

 吉井裁判長は、中野被告が「共犯の井出裕輝被告(22)=同罪で起訴=の誘いや指示を断ると面倒なことになる」といった安易な理由で、面識がない女性への殺害に関与したことを「動機も経緯も身勝手」と指摘。「犯行の主要部分を実行しており不可欠な役割を果たしている」と、関与の深さを強調した。

 弁護側が主張していた中野被告の軽度精神遅滞や井出被告との力関係などについては、犯行を助長した可能性はあるとしたものの、犯行を友人にメールで誇示するなど「相当程度は犯行に能動的に関与している」と、影響は限定的なものだったとした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 女性生き埋めに無期判決 「動機も経緯も身勝手」 遺族「納得できない」

関連ニュース

【千葉女性監禁】女性生き埋め殺害の犯行に自慢メール、逮捕後も漫画に女優の写真…被告の反省は本物か

「ニュース」のランキング