産経ニュース

生後4カ月長男に傷害容疑 重症で入院 28歳父親を逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新


生後4カ月長男に傷害容疑 重症で入院 28歳父親を逮捕

 生後4カ月の長男に暴行し重傷を負わせたとして、宮城県警は30日、傷害容疑で父親の無職、古内侑哉容疑者(28)=宮城県大崎市古川新堀東田=を逮捕した。男児は病院に搬送され、慢性硬膜下血腫などで約2カ月半入院したが、一命を取り留めた。

 逮捕容疑は7月1日ごろ、当時住んでいた宮城県加美町の自宅で長男に暴行したとしている。「泣きやまないので、かっとなり暴行した」と容疑を認めている。

 県警によると、古内容疑者は当時、長男と2人きりだった。外出先から帰宅した妻が、長男の様子がおかしいのに気付き119番した。病院は虐待の疑いがあるとして児童相談所に通報。その後、県警が古内容疑者に事情を聴いた際には暴行を否定したが、逮捕時には認めた。

関連ニュース

東京学芸大付属高でいじめに関わった生徒2人を書類送検 傷害容疑、被害者に手首骨折や脳震盪

「ニュース」のランキング