産経ニュース

【千葉女性監禁】女性生き埋め殺害の犯行に自慢メール、逮捕後も漫画に女優の写真…被告の反省は本物か

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉女性監禁】
女性生き埋め殺害の犯行に自慢メール、逮捕後も漫画に女優の写真…被告の反省は本物か

少女の遺体が見つかった現場=2015年4月24日、千葉県芝山町(川口良介撮影) 少女の遺体が見つかった現場=2015年4月24日、千葉県芝山町(川口良介撮影)

 芝山町の畑に昨年4月、船橋市に住む女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人などの罪により千葉地裁(吉井隆平裁判長)で無期懲役の判決が言い渡された住居不定、無職の中野翔太被告(21)。裁判員裁判では凄惨(せいさん)な殺害方法などが証言などで明らかになり、法廷で女性の遺族に対し「申し訳ない」と謝罪したものの、その真意を追及されると返答に窮してしまう場面が繰り返され、反省については疑問が残された。

 裁判員裁判で、中野被告は女性を生き埋めにして殺害した直後、友人に殺害を誇示するようなメールを送り、公判前の精神鑑定の入院中には人気女優の写真を見て過ごしていたことが判明した。

 「協力してほしいと頼まれ、断っても言いくるめられてしまうと思った」。中野被告は公判で起訴内容を認めたものの、犯行は、強盗殺人罪などで起訴されている共犯の住居不定、無職、井出裕輝被告(22)の指示によるものだったと主張。弁護側も、犯行以前から井出被告に車の洗車を命じられるなど力関係があったため、協力を断れず加担したと訴えた。

 一方で、検察側によると、中野被告は女性を生き埋めにした当日、友人にメールで「今の俺さ、最強だよ」「ここだけの話しさ、人を容赦なく殺せるもん」「ちゃんと痛めつけてからね」と楽しげに犯行を報告していたという。検察側に「どのようなつもりでメールを送ったのか」と問われると、中野被告は「…あんまり意味はなかったと思う」と答えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 女性生き埋め殺害の犯行に自慢メール、逮捕後も漫画に女優の写真…被告の反省は本物か

関連ニュース

当時18歳の女性生き埋め殺人の中野被告に無期判決 千葉地裁

「ニュース」のランキング