産経ニュース

【鳥インフル】新潟県で陽性反応、2カ所目確認 上越市内

ニュース 社会

記事詳細

更新

【鳥インフル】
新潟県で陽性反応、2カ所目確認 上越市内

鳥インフルエンザが検出された新潟県関川村の養鶏場を視察後、記者団の質問に応じる米山隆一知事=30日午後、同村(市川雄二撮影) 鳥インフルエンザが検出された新潟県関川村の養鶏場を視察後、記者団の質問に応じる米山隆一知事=30日午後、同村(市川雄二撮影)

 新潟県は30日、上越市の採卵養鶏場で鶏約100羽が死んでいるのが見つかり、上越家畜保健衛生所が7羽を簡易検査した結果、このうち6羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。

 この養鶏場では23万羽を飼育しており、新潟県は国の指示があり次第、全てを殺処分する方針。高病原性鳥インフルエンザと確定するために今後、遺伝子などを調べる検査を行う。検査結果は同日午後10時ごろに判明する見込み。

 新潟県は、この養鶏場で飼育されている鶏などの移動を禁じるとともに、半径10キロ圏内にある農場などに対し卵や鳥を持ち出さないよう指示した。県によると、この養鶏場では29日に鶏40羽が死に、30日にも60羽が死んでいるのが見つかり届け出があったという。

 新潟県では28日に関川村の養鶏場で死んだ鶏から、高病原性鳥インフルエンザが検出されたことが29日に確認され、同日から鶏約31万羽の殺処分に乗り出したばかり。

 県は感染の拡大を防ぐため、消毒などの対応に急いでいる、30日午後には米山隆一知事が関川村の養鶏場を視察した。

関連ニュース

【鳥インフル】グッタリ作業8時間…「二度とやりたくない」 殺処分終えた職員ら、疲労濃く

「ニュース」のランキング