産経ニュース

当時18歳の女性生き埋め殺人の中野被告に無期判決 千葉地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


当時18歳の女性生き埋め殺人の中野被告に無期判決 千葉地裁

千葉地裁=千葉市中央区(林修太郎撮影) 千葉地裁=千葉市中央区(林修太郎撮影)

 他方、自ら出頭し事実を認め、事件の解明に貢献したことなどにも触れ、「苦渋の判断だが、死刑を求めるには一抹の躊躇(ちゅうちょ)がある」としていた。

 起訴状によると、中野被告は昨年4月19日夜、井出被告らとともに、千葉市中央区の路上で女性を乗用車に乗せ両手足を緊縛するなどして監禁。財布やバッグを奪うなどし、翌20日未明、同県芝山町の畑に掘ってあった穴に女性を入れ土砂で生き埋めにし、窒息死させた。

関連ニュース

【千葉女性監禁30日判決】女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

「ニュース」のランキング