産経ニュース

当時18歳の女性生き埋め殺人の中野被告に無期判決 千葉地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


当時18歳の女性生き埋め殺人の中野被告に無期判決 千葉地裁

千葉地裁=千葉市中央区(林修太郎撮影) 千葉地裁=千葉市中央区(林修太郎撮影)

 千葉県芝山町の畑に昨年4月、同県船橋市に住む女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた住所不定、無職の中野翔太被告(21)に対する裁判員裁判の判決公判が30日、千葉地裁で開かれ、吉井隆平裁判長は求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 公判で中野被告は起訴内容を認めていた。弁護側は中野被告が計画の立案に参加しておらず、「力関係のある共犯の井出裕輝被告(22)=強盗殺人罪などで起訴=の指示に従った」と訴え、軽度の精神遅滞があったことや中野被告の供述で事件の真相が明らかになったことなども挙げ、有期刑を求めていた。

 一方、検察側は論告で、中野被告が生き埋めの前に女性に対し「お前は死ぬんだよ」と死の恐怖をあおるなどし、犯行は残虐かつ計画的で、「被害者が1人の事案だが、死刑にも値する」と指摘。実行犯の中野被告が果たした役割の大きさも示した。

続きを読む

関連ニュース

【千葉女性監禁30日判決】女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

「ニュース」のランキング