産経ニュース

高崎の女性死亡火災で次男逮捕「母親の首をひもで締め、火つけた」 長年親子トラブル

ニュース 社会

記事詳細

更新


高崎の女性死亡火災で次男逮捕「母親の首をひもで締め、火つけた」 長年親子トラブル

 高崎市棟高町の民家が全焼し、住民の坂本光江さん(67)が死亡した火災で、県警捜査1課は30日、殺人と非現住建造物等放火の疑いで、光江さんと同居する次男の無職、湯本直木容疑者(40)を逮捕した。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は11月中旬、自宅で光江さんの首を絞めて殺害した上、同月21日午前9時10分ごろ、自宅に放火し、木造2階建て家屋1棟約160平方メートルを燃やしたとしている。放火後、湯本容疑者は2階から飛び降りて脱出し、軽傷を負い入院していた。

 光江さんの死因は窒息死とみられ、湯本容疑者は「母親の首をひもで絞めて殺した」と供述。同課は、火災後の捜査で現場から油分が検出されたことなどから、放火と殺人の容疑で調べていた。湯本容疑者は「灯油に火をつけて燃やした」と話しているという。

 近隣住民によると、光江さんは湯本容疑者が幼少時に離婚。湯本容疑者は母方の祖母に育てられたという。親子間で長年にわたりトラブルを抱えており、近隣では度々、湯本容疑者に暴行され、顔面を負傷した光江さんの姿が目撃されていた。

関連ニュース

【ASKAまた逮捕】ASKAの逮捕直前、タクシー内映像 テレビでの公開に「強盗の指名手配じゃないんだから…」とネット上で疑問の声

「ニュース」のランキング