産経ニュース

「やっていない」 手術後女性にわいせつ行為 男性医師が無罪主張 東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


「やっていない」 手術後女性にわいせつ行為 男性医師が無罪主張 東京地裁

 手術後の女性患者の胸をなめるなどしたとして、準強制わいせつの罪に問われた乳腺外科医、関根進被告(41)=東京都文京区=の初公判が30日、東京地裁(大川隆男裁判官)で開かれた。関根被告は「やっていません」と起訴内容を否認した。

 検察側は冒頭陳述で「被害者の胸から唾の成分や大量のDNA型が検出された。会話などによる唾の飛沫(ひまつ)などでは考えられない。さらに関根被告は通常の患者の胸の手術をする場合、片胸だけの写真を3枚程度撮影してきたが、被害者女性については顔と両胸を入れた写真などを約15枚撮影していた。関根被告は女性患者に性的興味を抱いていた」などと主張。

 一方、弁護側は「手術後の麻酔からの覚醒段階で現実のように感じる夢や幻覚を見ることは多い。犯行現場とされる病室には他の患者らもおり、犯行はありえない」などと反論した。

 検察側の冒頭陳述などによると、関根被告は東京都足立区内の病院で平成28年5月10日午後、胸の手術を受け、病室で横たわっていた30代の女性患者の胸をなめるなどしたとされる。女性が被害を訴え、警視庁が関根被告を逮捕した。

関連ニュース

【東大生強制わいせつ事件】発端は「誕生日研究会」と称するサークルだった…東大院生に有罪判決 法廷で明らかになった犯行の全容

「ニュース」のランキング