産経ニュース

【ASKAまた覚醒剤】病院たらい回し… ASKA容疑者の異変、家族は感じていた

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKAまた覚醒剤】
病院たらい回し… ASKA容疑者の異変、家族は感じていた

依然として容疑を否認しているASKA容疑者。テレビ番組の電話取材では理解し難い言葉を発していた…(28日撮影) 依然として容疑を否認しているASKA容疑者。テレビ番組の電話取材では理解し難い言葉を発していた…(28日撮影)

 関係者によると、同容疑者は昨年末に著書を出版しようと、友人の元スポーツ選手を通じて出版社に原稿を持ち込もうとするも、妻に反対されて断念。今年1月に全20章に及ぶ内容をネットで公開したが、すぐに削除されていた。

 宮根から「(家族に)八王子の病院に無理やり入れられたと言っていたが」と真意を問われると「いや、それは今度、本を出すんですけど、その第2巻に書いてあります」と、著書を出版予定だったことを明かした。14分間にわたる電話では、盗聴や監視被害を何度も訴え、「この電話も盗聴されている可能性があります」と答える場面もあった。

 警視庁組織犯罪対策5課の捜査員4人が、この日午前10時ごろから約1時間40分にわたり、家族の立ち会いのもとで東京・目黒区の自宅を家宅捜索。外付けのハードディスク11台やiPad1台など、段ボール2箱分を押収した。覚醒剤や注射器などの使用道具は見つからなかったという。

 28日夜に逮捕した際、携帯電話も押収しており、同課は通話履歴やハードディスクなどに保存されているデータを解析し、覚醒剤の入手先などを調べる。

 同課によると、同容疑者は「前回逮捕されて以降、薬なんか見ていない。絶対にやっていない」と容疑を否認。捜査員との雑談には応じているが、事実関係などについては「弁護士と会うまで一切話さない」と話しているという。

このニュースの写真

  • 病院たらい回し… ASKA容疑者の異変、家族は感じていた

関連ニュース

【ASKAまた逮捕】110番通報直前に覚醒剤使用か 自宅から道具見つからず

「ニュース」のランキング