産経ニュース

浄水場汚職 企業団職員ら、きょう再逮捕 別発注で贈収賄容疑

ニュース 社会

記事詳細

更新


浄水場汚職 企業団職員ら、きょう再逮捕 別発注で贈収賄容疑

 埼玉県の鶴ケ島浄水場をめぐる贈収賄事件で、「坂戸、鶴ケ島水道企業団」浄水課の鴨志田穂積容疑者(60)=収賄容疑で逮捕=が、別の浄水場の発注でも便宜を図った見返りに業者から現金を受け取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課が収賄容疑で再逮捕する方針を固めたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。勾留満期の30日に再逮捕する。

 贈賄側の設備会社「協和水環境システムズ」前社長の秋山信芳容疑者(48)も贈賄容疑で再逮捕する。

 捜査関係者によると、新たに便宜を図った疑いが持たれているのは、平成26年6月に入札された坂戸浄水場(同県坂戸市)の色度計設置と塩素計交換工事をめぐる指名競争入札。

 鴨志田容疑者は、この工事の仕様書を同社の水質管理システムを利用すれば入札が有利になるよう設定した見返りとして秋山容疑者から現金数十万円を受け取った疑いが持たれている。

関連ニュース

水道工事で便宜 贈収賄容疑で逮捕 坂戸、鶴ケ島水道企業団職員ら 警視庁

「ニュース」のランキング