産経ニュース

「情報源明らかでない報道は公表にあたらず」 インサイダー事件で最高裁が初判断

ニュース 社会

記事詳細

更新


「情報源明らかでない報道は公表にあたらず」 インサイダー事件で最高裁が初判断

 職務で知った未公表情報を利用して株式のインサイダー取引をしたとして、金融商品取引法違反罪に問われた経済産業省元審議官、木村雅昭被告(57)について、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は被告の上告を棄却する決定をした。懲役1年6月、執行猶予3年、罰金100万円、追徴金約1千万円とした1、2審判決が確定する。

 決定は28日付。株取引が株価に影響を与える「重要事実」の公表後であれば、インサイダー取引の罪は成立しない。

 弁護側は、情報の一部が事前に報道されていたことから無罪を主張していたが、同小法廷は「情報源が明らかでない報道は、重要事実の公表にあたらない」との初判断を示した。

関連ニュース

山本幸三創生相、国会質問の前年に監視委に照会 知人のインサイダー事件

「ニュース」のランキング