産経ニュース

東京学芸大付属高でいじめ、手首骨折 セミの幼虫なめさせ…報告遅れなど不適切対応で前校長ら処分

ニュース 社会

記事詳細

更新


東京学芸大付属高でいじめ、手首骨折 セミの幼虫なめさせ…報告遅れなど不適切対応で前校長ら処分

付属高校でのいじめ問題の報告遅れについて、謝罪する東京学芸大の幹部ら=29日午後、東京都小金井市の東京学芸大学(緒方優子撮影) 付属高校でのいじめ問題の報告遅れについて、謝罪する東京学芸大の幹部ら=29日午後、東京都小金井市の東京学芸大学(緒方優子撮影)

 東京学芸大は29日、学芸大付属高校(東京都世田谷区)で昨年、生徒の1人がいじめを受け、手首を骨折するけがを負っていたと明らかにした。大学は文部科学省への報告が約半年遅れるなど対応が不適切だったとして、28日付で高校の当時の校長や副校長ら計5人を戒告や戒告相当の懲戒処分にした。

 大学が設置した第三者調査委員会の報告書によると、いじめと認定されたのは昨年5~9月の5件。体育祭の練習中に、生徒の1人が被害生徒の体を倒して手首を骨折させたり、投げ飛ばして脳振盪を起こさせたりした。また、部活中に複数の生徒が被害生徒をはやし立て、セミの幼虫をなめさせていた。

 大学によると、昨年9月に被害生徒の保護者から担任に「同学年の生徒からいじめを受けた」と申告があり、学校側が聞き取り調査を実施。いじめを行った生徒に対して自宅学習を命じるなどしたが、いじめ防止対策推進法に定める「重大事態」と判断して文部科学省に報告したのは半年後の今年3月だった。

 また、第三者委の調査では、被害生徒の骨折や脳振盪について、担当教諭が必要な事故報告書を作成していなかったことも明らかになった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東京学芸大付属高でいじめ、手首骨折 セミの幼虫なめさせ…報告遅れなど不適切対応で前校長ら処分
  • 東京学芸大付属高でいじめ、手首骨折 セミの幼虫なめさせ…報告遅れなど不適切対応で前校長ら処分

関連ニュース

切りつけ事件起きた暁星高で緊急保護者会 校舎内では携帯電話使用禁止…ナイフ持ち込みも「当然禁止」

「ニュース」のランキング