産経ニュース

三鷹ストーカー殺人で控訴審初公判 即日結審、量刑が焦点 東京高裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


三鷹ストーカー殺人で控訴審初公判 即日結審、量刑が焦点 東京高裁

 池永チャールストーマス被告  池永チャールストーマス被告

 東京都三鷹市で平成25年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が刺殺されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手、池永チャールストーマス被告(24)=1審の裁判員裁判で懲役22年=の控訴審初公判が29日、東京高裁(秋吉淳一郎裁判長)で開かれ、即日結審した。判決は1月24日。

 争点は量刑。スーツ姿で出廷した池永被告は「今はなぜ女子生徒や遺族のことをもっと考えなかったのかと反省している」などと話し、弁護側は「反省と謝罪の気持ちが深まっている」と減刑を求めた。一方、女子生徒の母親の代理人は「娘はリベンジポルノ(復讐(ふくしゅう)目的の性的画像投稿)行為で尊厳と未来を奪われた。娘は2度殺された。懲役22年は軽すぎる」とする陳述書を読み上げた。

 この事件では、1審の東京地裁立川支部が26年8月、懲役22年の実刑判決を言い渡した。しかし控訴審で東京高裁が「起訴されていないリベンジポルノ行為が過大に量刑に反映されている」などとして1審判決を破棄し、差し戻した。その後の差し戻し審で検察側はリベンジポルノ行為について児童買春・ポルノ禁止法違反罪などで追起訴し、同支部は28年3月、改めて懲役22年を言い渡した。

続きを読む

関連ニュース

【アイドル女性刺傷】「世界的にSNS上のつきまといもストーカー」 だがストーカー規制法では「SNS」は対象外…

「ニュース」のランキング