産経ニュース

【ASKAまた覚醒剤】年齢上がるほど高い再犯率 専門家「本人や家族の強い自覚必要」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKAまた覚醒剤】
年齢上がるほど高い再犯率 専門家「本人や家族の強い自覚必要」

覚醒剤を使用した疑いが強まったとして、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警察に付き添われ自宅を出る歌手のASKA容疑者=28日、東京都目黒区(春名中撮影) 覚醒剤を使用した疑いが強まったとして、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警察に付き添われ自宅を出る歌手のASKA容疑者=28日、東京都目黒区(春名中撮影)

 覚醒剤事件は再犯率が高く、年齢が上がるほど再び手を出してしまう傾向は強くなる。立ち直る決意を述べていたASKA容疑者も誘惑を断ち切れなかった。専門家は「更生は簡単ではない。家族や本人の強い自覚が必要だ」と指摘する。

 警察庁のまとめによると、平成27年に覚醒剤事件で摘発されたのは1万1022人。最も多いのは40代の34.3%で、30代(30.7%)、50代以上(21.1%)と続く。一方で摘発者のうち、再犯者の割合は50代以上が83.1%、40代が72.2%、30代が57.9%で、年齢が高くなるほど再犯率が高い傾向にある。

 好奇心から軽い気持ちで手を出してしまう若者に比べ、中高年は仕事のストレスや家庭のトラブルからの現実逃避など目的がはっきりしているため、脱却が難しいとされている。

 芸能人でも、タレントの田代まさしさん(60)や元俳優の清水健太郎さん(64)らは一度は執行猶予付きの判決を受けながら、再び薬物使用などが発覚、実刑判決を受けた。

 薬物事件に詳しい小森栄弁護士は「本人も家族も必死の覚悟があってようやく覚醒剤の依存から脱却できる。ASKA容疑者は『手を出してはならない』という緊張感を欠いていたのではないか」と話した。

このニュースの写真

  • 年齢上がるほど高い再犯率 専門家「本人や家族の強い自覚必要」
  • 年齢上がるほど高い再犯率 専門家「本人や家族の強い自覚必要」
  • 年齢上がるほど高い再犯率 専門家「本人や家族の強い自覚必要」

関連ニュース

【ASKAまた覚醒剤】車で自宅から出ようとするが…自宅前に報道陣集結し混乱

「ニュース」のランキング