産経ニュース

【ASKAまた覚醒剤】「東京オリンピックのテーマ曲」を作成していた! ミヤネ屋の生放送中に芸能レポーターが紹介

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKAまた覚醒剤】
「東京オリンピックのテーマ曲」を作成していた! ミヤネ屋の生放送中に芸能レポーターが紹介

保釈が認められ、東京湾岸署を出るASKA被告 保釈が認められ、東京湾岸署を出るASKA被告

 警視庁が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕する方針を固めたというテレビのニュース速報を受け、ASKA元被告(58)の「新曲」を入手したという芸能リポーターの井上公造氏(59)が28日午後、日本テレビ、読売テレビ系「情報ライブミヤネ屋」内で披露した。

 曲は約60秒。歌はなく、「2020年東京オリンピックのテーマ曲」としている。

 荘厳な旋律で始まった曲を聴いた司会の宮根誠司氏(53)は「今までの曲調とは違う」とポツリ。井上氏は「きれいではありますが」とフォローした。

 井上氏は「去年の12月22日に送られてきた」と話している。

関連ニュース

【ASKAまた覚醒剤】ブログ更新「尿から覚醒剤反応出るわけない」…ファン「信じたい」「ショック」の書き込み

「ニュース」のランキング