産経ニュース

保存書類をシュレッダー廃棄 「事務処理を軽視していた」 消防副士長を懲戒処分

ニュース 社会

記事詳細

更新


保存書類をシュレッダー廃棄 「事務処理を軽視していた」 消防副士長を懲戒処分

 東京消防庁は28日、建物の消防設備を調べる立ち入り検査の結果通知書をシュレッダーで廃棄したなどとして、東京都港区の芝消防署に所属する男性消防副士長(22)を減給100分の20(2カ月)の懲戒処分にした。

 同庁によると、渋谷消防署に務めていた平成26年4月~27年3月、管内の建物を立ち入り検査した後、結果通知書を作成しなかったり、作成した通知書を廃棄したりするなど計17件の不適切な処理があったとされる。通知書は消防署での保管が義務付けられている。検査対象となった建物には、通知書の原本が渡されていた。

 同庁の調べに「目標の立ち入り検査件数をクリアすればよいと考え、事務処理は軽視していた」と説明。目標件数はクリアしていたという。今年6月に渋谷消防署の査察係が過去の立ち入り検査記録を調べて発覚した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング