産経ニュース

【千葉女性監禁30日判決】女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉女性監禁30日判決】
女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

ブルーシートで隠し、女性の遺体を車両に乗せる捜査員ら=平成27年4月24日午後、千葉県芝山町(川口良介撮影) ブルーシートで隠し、女性の遺体を車両に乗せる捜査員ら=平成27年4月24日午後、千葉県芝山町(川口良介撮影)

 同日午前10時ごろ、卒業アルバムを女性に貸した別の友人が少女に「22日に女生と会う予定だ」と電話をかけると、少女から「もういないよ」と告げられる。「うちから話せないから」と井出被告とみられる男が代わると、「はじめましてこんにちは」「俺も話せない」と言い出し、少女が「畑に埋めてきた」「手足縛って、携帯は川に流した」「うるさくてタバコ太ももに押しつけた。魚のように飛び跳ねた」などと笑って話したという。少女は「誰にも言わないでね」と言ったのち、電話は切れた。

 少年も犯行前、少女に無料通信アプリ「LINE」で「俺も(犯行に)行こうかな」と送り、少女が「共犯になるからやめとけ」と返すと、「そういうの大好き」と送信していた。

 井出被告の知人からは、同21日に井出被告が「女の子を殺しちゃった。中野がやった。しばらく会えなくなる」と、普通の口調で話していたとの証言があった。

 中野被告の弁護側は法廷で、井出被告との間に犯行以前から車の洗車をさせられたり、木の棒や素手で殴られるなどの暴力振るわれたり、給料を握られていたりといった力関係があり、協力を断れず犯行に加担したとした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 女性生き埋め後、「今の俺、最強」「容赦なく人殺せる」 実行犯・中野翔太被告の本性(2)

関連ニュース

【千葉女性監禁30日判決】卒アル返さないからと事件に 生き埋め女性車内で「死刑宣告」 実行犯・中野翔太被告の本性(1)

「ニュース」のランキング