産経ニュース

ドコモ無断で遺跡に基地局 山梨・南アルプス市、孫請け偽造気付かず

ニュース 社会

記事詳細

更新


ドコモ無断で遺跡に基地局 山梨・南アルプス市、孫請け偽造気付かず

「向第1遺跡」に無断で建設された携帯電話の基地局=山梨県南アルプス市(NTTドコモ提供) 「向第1遺跡」に無断で建設された携帯電話の基地局=山梨県南アルプス市(NTTドコモ提供)

 山梨県教育委員会は24日、NTTドコモが南アルプス市にある二つの遺跡で文化財保護法に基づく届け出をせず、携帯電話の基地局を無断で建設していたと発表した。工事の孫請け業者の社員(当時)が「試掘調査して、問題がない」とした通知書を偽造していたという。

 同法では、遺跡内で工事する前には地元教委と協議し、必要があれば試掘調査などをするとしている。県教委は「損傷は確認しようがない」としてドコモを厳重注意。ドコモは甲府市で会見を開き、「偽造を見抜けず工事し、申し訳ない」と陳謝した。

 県教委やドコモによると、同社は平成22年、南アルプス市十日市場の「向第1遺跡」と同市吉田の「村前東A遺跡」にそれぞれ高さ数十メートルの鉄塔建設を元請け業者に発注。実際に工事した孫請け業者の社員が他の自治体が発行した通知書を書き換え、南アルプス市教委が試掘調査したように装ってドコモ側に提出した。

 ドコモは無断で工事を始め、基地局は25年6~7月に完成。社員はすでに死亡しており、動機は不明という。

続きを読む

関連ニュース

ドコモvsタタ、泥沼の様相 インド撤退めぐり損害賠償支払われず

「ニュース」のランキング