産経ニュース

【千葉女性監禁】千葉の女性生き埋めに無期懲役求刑 被害者に「お前は死ぬんだよ」と恐怖あおり 「犯行は残虐で計画的」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉女性監禁】
千葉の女性生き埋めに無期懲役求刑 被害者に「お前は死ぬんだよ」と恐怖あおり 「犯行は残虐で計画的」

 芝山町で昨年4月、船橋市に住む女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われた住居不定、無職の中野翔太被告(21)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が21日、千葉地裁(吉井隆平裁判長)で開かれた。検察側は、命乞いを無視して生き埋めにしたことや、事前に犯行の準備をしていたことなどから残虐さや計画性を強調。「犯行は残虐で計画的」などとして無期懲役を求刑した。

 検察側は中野被告が「お前は死ぬんだよ」と被害者に言うなど、死の恐怖をあおったことなどを指摘。「被害者が1人の事案だが、死刑にも値する」とした。犯行のほぼ全てにおいて自ら実行していることを挙げ、事件において中野被告が果たした役割の大きさも示した。他方、自ら出頭し事実を認め、事件の解明に貢献したことなども挙げ、「苦渋の判断だが、死刑を求めるには一抹の躊躇(ちゅうちょ)がある」などとした。

 意見陳述を行った遺族は「命をもって償わせることしか考えられない」などとして極刑を求めた。

 一方、弁護側は中野被告が計画の立案に参加していないことや、軽度の精神遅滞があったこと、中野被告の供述で事件の真相が明らかになったことなどを挙げ、「無期でなく、有期刑こそ選択されるべき」と主張した。中野被告は最終意見陳述で、「自分は本当に大きな過ちを犯しました。被害者や遺族に本当に申し訳ない気持ちです」と述べた。

 判決は今月30日に言い渡される。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】生き埋め被害女性は正座したまま上半身あおむけにのけぞらせていた…友人を惨殺した18歳少女たちの“冷酷すぎる世界”

「ニュース」のランキング