産経ニュース

【千葉女性監禁】女性生き埋め殺害で無期懲役求刑 千葉地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉女性監禁】
女性生き埋め殺害で無期懲役求刑 千葉地裁

千葉地裁(林修太郎撮影) 千葉地裁(林修太郎撮影)

 千葉県内で昨年4月、同県船橋市の女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害し財布などを奪ったとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた無職、中野翔太被告(21)の裁判員裁判の論告求刑公判が21日、千葉地裁(吉井隆平裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑し、結審。判決は30日。検察側は論告で、犯行は残虐極まりなく計画的だとした上で「犯行に興奮や高揚感を覚え、積極的に加わった」と指摘した。

 最終弁論で弁護側は、被告が事件前から井出裕輝被告(22)に暴力を振るわれるなどしており、従属関係があったと主張。「全て井出被告の指示で都合よく利用された。計画立案には関与していない」として有期刑を求めた。

 起訴状によると、中野被告は昨年4月19日深夜、井出被告らと共謀して千葉市の路上で女性を乗用車に乗せて連れ去り、手足を縛って財布などを強奪。翌20日未明、同県芝山町の畑で、掘った穴に女性を埋めて窒息させ、殺害した。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】生き埋め被害女性は正座したまま上半身あおむけにのけぞらせていた…友人を惨殺した18歳少女たちの“冷酷すぎる世界”

「ニュース」のランキング