産経ニュース

相次ぐ高齢運転事故、なぜ防げなかった… 集団登校中の児童の列に軽トラック 横浜

ニュース 社会

記事詳細

更新


相次ぐ高齢運転事故、なぜ防げなかった… 集団登校中の児童の列に軽トラック 横浜

事故現場付近には田代優くんを悼む供え物が手向けられていた=10月28日夜 事故現場付近には田代優くんを悼む供え物が手向けられていた=10月28日夜

 横浜市港南区の市道で集団登校中の児童の列に軽トラックが突っ込み、小学生ら7人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕され、刑事責任能力の有無を調べるため鑑定留置中の同市磯子区洋光台、無職、合田政市容疑者(87)。合田容疑者は県警の調べに「どこをどう走ったか覚えていない」などと供述しており、認知症が事故の背景にあった可能性がある。事故から18日で3週間。高齢者による交通事故が相次ぐ中、なぜ事故は防ぐことができなかったのかという重い課題が浮かぶ。

 事故は10月28日朝、登校中の小学生の列に合田容疑者の軽トラックが突っ込み、近くに住む市立桜岡小1年、田代優さん(6)が死亡、小学生4人を含む6人が負傷した。他に合田容疑者もけがをした。

 現場の通学路は、道幅が5メートルほどしかないなど狭い割に、路線バスが行き交うなど交通量が多く、住民からは危険性を指摘する声もあがっていた。

 平成22年に文部科学省からの指導を受けて、横浜市は路側帯を緑色に塗ってドライバーに視覚的に、歩道として認識させる「グリーンベルト」を設置。登下校時間帯には、保護者らが注意を呼びかけていた。そんな中で、事故は起きてしまった。

続きを読む

関連ニュース

【立川・高齢女性暴走事故】前日、看病で泊まり込み…「夫が危篤」「夕べは大変」と疲労していた80代女性 近くの住民「周囲を頼ってもらえていれば…」

「ニュース」のランキング