産経ニュース

米ツイッターCEOが謝罪 白人至上主義者団体などによる差別的な書き込みを放置

ニュース 社会

記事詳細

更新


米ツイッターCEOが謝罪 白人至上主義者団体などによる差別的な書き込みを放置

端末上のツイッターアプリのアイコン(AP) 端末上のツイッターアプリのアイコン(AP)

 米ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)は17日、白人至上主義者の団体などによる差別的な書き込みを放置していたとして「過ちを犯した。申し訳ない」と謝罪した。

 米国では大統領選を巡り、交流サイトのフェイスブック上などで偽記事や不正確な情報が拡散したことが問題となっており、ツイッターは対応を強化する。米メディアによると、同社は既に右翼活動に関与したアカウントを使用停止にした。

 ツイッターは、差別的な言葉などを含むツイートを利用者に通知しないようにする新機能を、近く全世界で導入する方針を表明している。(共同)

「ニュース」のランキング