産経ニュース

【原発避難先いじめ】警察の情報提供、学校放置「同級生と金銭トラブル」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【原発避難先いじめ】
警察の情報提供、学校放置「同級生と金銭トラブル」

いじめを受けていた横浜市立中の男子生徒が平成27年夏に書いた手記 いじめを受けていた横浜市立中の男子生徒が平成27年夏に書いた手記

 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)が避難直後から小学校でいじめを受けていた問題で、神奈川県警から同級生との金銭トラブルについて直接情報提供があった学校や、情報を把握していた市教育委員会が積極的に対応せず放置していたことが17日、生徒側への取材で分かった。

 いじめ防止対策推進法は、心身や財産に重大な被害が生じた疑いがある場合などを「重大事態」と定義しており、学校や市教委の姿勢に批判が集まりそうだ。

 文部科学省は16日、市教委に、経緯の検証や体制の見直しなど再発防止を指導した。

 市教委の第三者委員会がまとめた報告書や生徒側によると、両親は平成26年7月、県警に同級生から金品を要求されたと相談。県警は男子生徒や金品を受け取った同級生らから事情を聴いた上で同10月、両親に「1回約10万円、ゲームセンターなどで使った。総額は約150万円だった」と連絡した。

 両親は直後に学校と市教委に報告。県警も同11月、聴取結果を学校に伝えていた。だが学校は「重大事態」と捉えず、同法に基づく校内の対策委員会を開かなかった。生徒側は学校で同級生側との話し合いの場を持つことも求めたが、学校は拒否した。

続きを読む

「ニュース」のランキング