産経ニュース

【平塚乳児死亡】女児の裸撮影容疑で角田悠輔容疑者を再逮捕 動機は? 手口は? 傷害致死罪起訴もなお残る「謎」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【平塚乳児死亡】
女児の裸撮影容疑で角田悠輔容疑者を再逮捕 動機は? 手口は? 傷害致死罪起訴もなお残る「謎」

送検のため神奈川県警平塚署を出る角田悠輔容疑者=10月22日 送検のため神奈川県警平塚署を出る角田悠輔容疑者=10月22日

 ◆動機、手口…

 横浜地検は今月10日、傷害致死罪で角田容疑者を起訴した。ただ、謎は残る。

 ひとつは望翔ちゃんを死亡させた具体的な手段だ。何か道具を使ったのか、素手だったのか、はっきりしたことは分かっていない。

 そして最大の疑問は犯行動機だ。望翔ちゃんは事件当日の昨年12月6日午前0時ごろ、母親の知人によってちびっこBOYに預けられた。角田容疑者はその数時間後には犯行に及んだとみられ、「何らかのトラブルで、突発的に手をかけた可能性がある」(捜査関係者)。

 捜査1課は、傷害致死容疑の勾留満期の今月10日、保育所利用者の女児の服を脱がせ、スマートフォンで画像を撮影した疑いで再逮捕した。スマホには複数の女児の画像が保存されていたとみられるが、望翔ちゃんのものはなかった。性的な趣味や趣向が、傷害致死事件のきっかけになった可能性は低い。

 角田容疑者は傷害致死事件について、逮捕当初から一貫して関与を否定し続けているとみられる。真実が明らかになるのは、果たしていつか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 女児の裸撮影容疑で角田悠輔容疑者を再逮捕 動機は? 手口は? 傷害致死罪起訴もなお残る「謎」

「ニュース」のランキング