産経ニュース

「NHK受信料のしつこい取り立てで苦痛」認めず 東京地裁、脅迫や強要否定

ニュース 社会

記事詳細

更新


「NHK受信料のしつこい取り立てで苦痛」認めず 東京地裁、脅迫や強要否定

 NHK受信料のしつこい取り立てを受け、精神的苦痛を被ったとして、東京都内の女性が徴収業務を委託された会社と従業員に慰謝料計20万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、請求を棄却した。

 女性は「従業員に呼び鈴を10回ぐらい鳴らされ、拒否するとノックが激しくなった。払うまで帰らないと言われた」と主張したが、脇博人裁判官は「説明に矛盾や不自然な部分があり信用できない。脅迫や強要はなかった」と指摘した。

 判決によると、女性は平成13年にNHKと放送受信契約を結んだが、17年以降は受信料を滞納。従業員は27年1月、昼すぎに女性宅を訪ね、約15万円の支払いを求めた。

「ニュース」のランキング