産経ニュース

【熊本地震】阿蘇山に新たな断層、噴火のリスク マグマの通り道に

ニュース 社会

記事詳細

更新

【熊本地震】
阿蘇山に新たな断層、噴火のリスク マグマの通り道に

地割れなどを調査する京都大の林愛明教授のチーム関係者 =4月30日(同教授提供) 地割れなどを調査する京都大の林愛明教授のチーム関係者 =4月30日(同教授提供)

 4月の熊本地震で阿蘇山に新たな断層(地中の割れ目)ができ、ここがマグマの通り道となって噴火が起きる可能性があると、京都大の林愛明教授(地震地質学)のチームが20日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 チームは、マグマが噴き出す新たな経路ができたことで、過去に確認されていない場所で噴火が起きる恐れがあるとみて、「リスクの再評価や対策の見直しが必要だ」と指摘している。

 今回の研究結果と、今月8日の阿蘇山・中岳第1火口の爆発的噴火との関連は不明という。

 チームは、現地調査や地震前後の画像解析により、阿蘇山のカルデラ(陥没地形)で熊本地震による地割れや亀裂を確認。地震の揺れのデータなども加え分析した結果、地割れなどは、熊本地震の本震を起こしたとされる断層帯と連続した場所にはないと判断した。

 付近の地下にはマグマだまりがあるため、チームは、液体であるマグマの部分で、揺れによって生じた力が伝わる方向が変わり、新たな断層となる地割れなどができたとした。地割れや亀裂の形状も、他の場所とは異なっており、マグマの存在が影響したとみている。

「ニュース」のランキング