産経ニュース

先物元監視委員長告発へ インサイダー疑い 証券監視委

ニュース 社会

記事詳細

更新


先物元監視委員長告発へ インサイダー疑い 証券監視委

 商品先物市場の取引監視委員会委員長を長く務めた元大学教授の男性(81)=横浜市=が、上場企業の幹部から得た未公表の重要情報をもとに、この企業の株を大量に買い付けた疑いがあることが19日、証券市場関係者への取材で分かった。証券取引等監視委員会は、金融商品取引法違反(インサイダー取引)の罪で、元教授を検察当局に刑事告発する方針。元教授は先物取引とリスク管理の専門家で、シャーロック・ホームズの研究家としても知られる。

 証券市場関係者によると、元教授は知人である上場企業の幹部から、M&A(企業の合併・買収)に関する情報を入手し、公表前に、この企業の株を大量に買い付けた疑いが持たれている。

 株価はM&Aの公表後に急騰しており、元教授は高値で売り抜け、1000万円以上の不正な利益を上げていたとみられる。

 監視委は横浜地検に刑事告発する方針で、地検は元教授の立件に向け、捜査を進めているもようだ。

 元教授はインサイダー取引疑惑について、産経新聞の取材に対し、「プライベートなことは一切お答えしない」と話した。

関連ニュース

山本幸三創生相、国会質問の前年に監視委に照会 知人のインサイダー事件

「ニュース」のランキング