産経ニュース

【自殺中2少女写真撤回】撤回一転、最高賞に 青森・黒石市長が謝罪「全ての責任は私にある」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【自殺中2少女写真撤回】
撤回一転、最高賞に 青森・黒石市長が謝罪「全ての責任は私にある」

授与撤回から一転し市長賞を贈られることが発表された、踊りを披露する葛西りまさんの写真=8月15日(遺族提供、画像の一部を加工しています) 授与撤回から一転し市長賞を贈られることが発表された、踊りを披露する葛西りまさんの写真=8月15日(遺族提供、画像の一部を加工しています)

 青森県黒石市の「黒石よされ実行委員会」による写真コンテストで最高賞の市長賞に内定していた作品の被写体の少女が、いじめ被害を訴えて自殺した青森市の市立中2年の葛西りまさん(13)と判明したため授賞が撤回された問題で、同市の高樋(たかひ)憲市長らが19日、記者会見し、一転して市長賞を授与すると明らかにした。

 批判が高まったため方針を転換した形で、りまさんの遺族は取材に「授賞を取り消した理由の説明が二転三転した。対応には納得できない」と話し、実行委が内定撤回の理由を説明しに来た際には「市長賞ではなく、ほかの賞で勘弁してほしい」などと求めたと明かした。実行委は遺族と撮影者の意向を確認した上で、授賞を正式決定する。

 実行委によると、作品は青森市の男性が8月15日に踊りを披露していたりまさんを撮影したもの。りまさんは10日後に駅のホームから列車に飛び込んで亡くなったが、男性はそのことを知らないまま応募。実行委は今月11日に遺族の了承を得た上で市長賞を贈ることを内定し、17日に発表する予定だった。だが、今月13日に高樋市長が実行委に賞の再考を要請。コンテストの関係者が協議し、翌日撮影した男性に賞の辞退を求め、男性も応じた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 撤回一転、最高賞に 青森・黒石市長が謝罪「全ての責任は私にある」
  • 撤回一転、最高賞に 青森・黒石市長が謝罪「全ての責任は私にある」
  • 撤回一転、最高賞に 青森・黒石市長が謝罪「全ての責任は私にある」

関連ニュース

【自殺中2少女写真撤回】撤回一転、最高賞に 青森・黒石市長が謝罪「全ての責任は私にある」

「ニュース」のランキング