産経ニュース

【伊丹バラバラ遺体】中国人の男「殺害に関与した」と伝える 既に中国へ帰国 捜査本部、裏付け進める

ニュース 社会

記事詳細

更新

【伊丹バラバラ遺体】
中国人の男「殺害に関与した」と伝える 既に中国へ帰国 捜査本部、裏付け進める

 兵庫県伊丹市の猪名川の河川敷から男性の切断遺体が見つかった事件で、中国人の20代の男が知人に「殺害に関与した」と伝えたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は数日前に中国に帰国。大阪市内でルームシェアをしていた知人に、帰国後に伝えたという。伊丹署捜査本部は、男の伝えた内容の裏付けを急ぐ。

 男性の遺体は六つに切断されており、10~11日に河川敷で相次いで見つかった。腹部に刺し傷があり、捜査本部は、犯人が別の場所で男性を殺害した後、切断し現場に放置したとみて、捜査を進めていた。

 男性は20~40代で、身長165~170センチ、血液型はO型と判明している。

関連ニュース

【伊丹バラバラ遺体】キャリーバッグなどの遺留品に犯人?の指紋、複数の刃物で切断か 遺体発見から1週間も身元の特定難航

「ニュース」のランキング