産経ニュース

参院選「一票の格差」訴訟、東京高裁は「合憲」判断

ニュース 社会

記事詳細

更新


参院選「一票の格差」訴訟、東京高裁は「合憲」判断

 「一票の格差」が最大3・08倍だった7月の参院選は憲法違反だとして、東京、茨城、栃木など計11選挙区の有権者らが選挙の無効を求めた訴訟で、東京高裁(小林昭彦裁判長)は18日、「投票価値の不均衡が違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態にあると評価することはできない」として、合憲と判断した。

 2つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした訴訟で4件目の判決。今回の参院選は徳島・高知のほか「鳥取・島根」で初めての合区が導入され、平成25年参院選の4・77倍から格差が縮小した。

関連ニュース

【一票の格差】参院選「一票の格差」で一斉提訴 「誰もが平等な発言力を持つべきだ」と批判

「ニュース」のランキング