産経ニュース

【慶応大集団乱暴疑惑】乱れた海の家「合宿所」の実態 敷きっぱなしの布団、深夜の乱痴気騒ぎ…

ニュース 社会

記事詳細

更新

【慶応大集団乱暴疑惑】
乱れた海の家「合宿所」の実態 敷きっぱなしの布団、深夜の乱痴気騒ぎ…

慶大広告学研究会が合宿していた集会所=神奈川県葉山町 慶大広告学研究会が合宿していた集会所=神奈川県葉山町

 半世紀以上にわたってこの地に住むという男性が振り返る。

 「20年ぐらい前までは50~60人の学生が集まり、朝は境内で3列になって点呼をしていた。ここ数年は20~30人に減り、この夏は特に少なくて10人程度。朝礼もやらなくなっていたようだ。集会所内も布団が敷きっぱなしになっていて、風紀が乱れている印象を受けた」

 集会所の前には9月末ごろまで軽トラックが放置され、荷台に載せられた海の家の部材が雨ざらしになっていたという。

 事件は起きるべくして起きたのだろうか。

関連ニュース

【慶応集団乱暴疑惑】女子学生にテキーラ飲ませ、スマホで…ミス慶応主催「広告学研究会」解散の裏に隠されていた「核心」

「ニュース」のランキング