産経ニュース

【慶応大集団乱暴疑惑】乱れた海の家「合宿所」の実態 敷きっぱなしの布団、深夜の乱痴気騒ぎ…

ニュース 社会

記事詳細

更新

【慶応大集団乱暴疑惑】
乱れた海の家「合宿所」の実態 敷きっぱなしの布団、深夜の乱痴気騒ぎ…

慶大広告学研究会が合宿していた集会所=神奈川県葉山町 慶大広告学研究会が合宿していた集会所=神奈川県葉山町

 ネット上では、広研関係者とみられる人々が海の家をバックにポーズをとる写真が出回っている。男性が威圧的に足を組むなど「ヤンチャな団体」という印象を受けるが、近所の女性は写真を見るなり「こんな人たちとは全然違う」と強い口調で否定した。

 「写真の中には卒業したOBなども混じっていたのでは? 実際、海の家で働いている学生のなかには高校生みたいに幼い印象の子もいました」(前述の女性)

 一方で、学生らは騒音などのトラブルも起こしていた。ある住民は「真夜中の2~3時ごろまで騒いでいることもありました。普段は男の子が多いが、女の子がやってきたときは、よけいに騒がしい。ふざけているのか『キャーッ』という女の子の声がよく聞こえました」と証言。深夜でも車のエンジンをかけっぱなしにするなど、常識外れの行動もあったという。

 複数の住民は「以前に、ゴミの不法投棄を行っていたことが明らかになり、翌年は海の家の営業が取りやめになった」と口をそろえた。

続きを読む

関連ニュース

【慶応集団乱暴疑惑】女子学生にテキーラ飲ませ、スマホで…ミス慶応主催「広告学研究会」解散の裏に隠されていた「核心」

「ニュース」のランキング