産経ニュース

【慶応大集団乱暴疑惑】乱れた海の家「合宿所」の実態 敷きっぱなしの布団、深夜の乱痴気騒ぎ…

ニュース 社会

記事詳細

更新

【慶応大集団乱暴疑惑】
乱れた海の家「合宿所」の実態 敷きっぱなしの布団、深夜の乱痴気騒ぎ…

慶大広告学研究会が合宿していた集会所=神奈川県葉山町 慶大広告学研究会が合宿していた集会所=神奈川県葉山町

 慶応大の広告学研究会(広研)で、男子学生らが女子学生にテキーラを飲ませ強姦したとして神奈川県警が捜査を始めた問題で、現場となった神奈川県葉山町の「合宿所」の周辺住民からは驚きの声があがった。一方で最近の「風紀の乱れ」も目撃されていた。(夕刊フジ)

 京急逗子線の新逗子駅から車で約15分。海が間近に迫る神社の境内にある集会所が広研の「合宿所」だった。老朽化し、壁の一部がはがれ落ちたこの建物の2階で9月2日の夜、強姦事件は起きたとされる。

 広研は近くの海岸で海の家を営業しており、5月の大型連休が終了するころから9月下旬ごろまで集会所を借りていた。

 近くに住む年配の女性は「いま57歳の息子が生まれたときにはもう、彼らの海の家があった」と話す。集会所を拠点にし始めたのも、数十年前のことだという。

 広研については、地元では好意的な見方も少なくなかった。浜で小舟の陸揚げ作業をしていた男性は、「そんな悪いことをする子たちじゃない。私たちが作業をしていると、海の家で働いている男の子はみんなで手伝ってくれるよ。何かの間違いなんじゃないか」と表情を曇らせた。

続きを読む

関連ニュース

【慶応集団乱暴疑惑】女子学生にテキーラ飲ませ、スマホで…ミス慶応主催「広告学研究会」解散の裏に隠されていた「核心」

「ニュース」のランキング