産経ニュース

「電子レンジ盗まれた」と被害届提出 上西小百合衆院議員が会見 元秘書は否定

ニュース 社会

記事詳細

更新


「電子レンジ盗まれた」と被害届提出 上西小百合衆院議員が会見 元秘書は否定

窃盗の被害届を出したことについて会見する上西小百合議員=17日午後、東京都千代田区(緒方優子撮影) 窃盗の被害届を出したことについて会見する上西小百合議員=17日午後、東京都千代田区(緒方優子撮影)

 上西小百合衆院議員=比例近畿=は17日、東京都内で記者会見を開き、元政策秘書らに議員会館の事務所から電子レンジなどを盗まれたとして、窃盗罪で警視庁麹町署に被害届を提出したと発表した。受理は14日付。元政策秘書は「事実無根」と反論している。

 上西議員によると、昨年11月9日、別の秘書が事務所に置いてあった電子レンジ(購入当時約2万円相当)や書類がなくなっていることに気づき、麹町署に相談。議員会館の入退室記録などから、同年10月28日~11月5日の間、当時の政策秘書ら2人が別の議員の事務所に持ち出したことが分かったという。電子レンジは数日後、上西議員の事務所の前に戻されているのが見つかった。

 上西議員は被害届の提出に踏み切った理由について、「元政策秘書らに何度も説明を求めてきたが、返答がなかった」と説明。書類は国会質問の資料や大阪維新の会の会議資料などといい、「一刻も早く返却してほしい」と訴えた。

 一方、元政策秘書は産経新聞の取材に対し「電子レンジは私とボランティアスタッフがお金を出して購入したもので、もともと上西議員のものではない。書類については全く知らない。事実無根の内容で、話にならない」としている。

関連ニュース

【上西議員緊急会見】「浪速のエリカ様」上西小百合氏、名誉毀損で刑事告訴の元公設秘書に反撃「(情報漏洩の)ツイートは事実」 窃盗被害の訴えも

「ニュース」のランキング