産経ニュース

【おんぶ政務官】「おんぶ」初の事例と政府が認定 「配慮に欠けた不適切なもの」答弁書を閣議決定

ニュース 社会

記事詳細

更新

【おんぶ政務官】
「おんぶ」初の事例と政府が認定 「配慮に欠けた不適切なもの」答弁書を閣議決定

台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を訪れ、乙茂地区の被災状況を確認する務台俊介内閣府政務官=9月1日 台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を訪れ、乙茂地区の被災状況を確認する務台俊介内閣府政務官=9月1日

 政府は4日の閣議において、台風被害を受けた岩手県岩泉町の視察で職員に背負われて水たまりを渡った務台俊介内閣府政務官について、「被災地や被災者の心情への配慮に欠けた不適切なものであった」とする答弁書を決定した。

 初鹿明博衆院議員(民進党)の質問主意書に答えた。答弁書によると、務台氏は現地視察の際に安全靴を履いていたが、長靴は用意されていなかった。また答弁書は、風水害の被災地で首相や大臣、副大臣や政務官などを政府職員が背負った事例は「(他に)承知していない」と指摘し、務台氏が初の事例であったとの認識を示した。

このニュースの写真

  • 「おんぶ」初の事例と政府が認定 「配慮に欠けた不適切なもの」答弁書を閣議決定

「ニュース」のランキング