産経ニュース

【横浜患者殺害】浮かび上がる犯人像とは…複数の未使用点滴にも穴、勤務実態を熟知 「素人の芸当ではない」 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【横浜患者殺害】
浮かび上がる犯人像とは…複数の未使用点滴にも穴、勤務実態を熟知 「素人の芸当ではない」 

 一方、八巻さんらは最後に点滴が交換されてから5~8時間後に容体が悪化した。滴下の速度を調整した可能性があり、捜査関係者は「素人の芸当ではない」と指摘する。

 無差別の可能性

 ただ、現状では容疑者の絞り込みには至っていない。

 八巻さんらに投与された点滴は4階のナースステーションで保管されていたが未使用分の約10袋にも穴が確認された。点滴治療が必要な患者を無差別に狙った疑いがあり、恨みなど動機による容疑者の特定は難しい。院内には当時、防犯カメラがなく、ステーションへの不審者の出入りを把握するのも容易ではない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 浮かび上がる犯人像とは…複数の未使用点滴にも穴、勤務実態を熟知 「素人の芸当ではない」 
  • 浮かび上がる犯人像とは…複数の未使用点滴にも穴、勤務実態を熟知 「素人の芸当ではない」 
  • 浮かび上がる犯人像とは…複数の未使用点滴にも穴、勤務実態を熟知 「素人の芸当ではない」 

「ニュース」のランキング