産経ニュース

点滴に異物か 入院患者死亡 横浜の病院、殺人で捜査

ニュース 社会

記事詳細

更新


点滴に異物か 入院患者死亡 横浜の病院、殺人で捜査

事件のあった「大口病院」=横浜市神奈川区(桐原正道撮影) 事件のあった「大口病院」=横浜市神奈川区(桐原正道撮影)

 神奈川県警は23日、横浜市神奈川区大口通の「大口病院」で入院中の無職、八巻信雄さん(88)=同市港北区=が死亡し、司法解剖の結果、異物混入による中毒死と判明したと発表した。県警は同日、殺人事件と断定、神奈川署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、20日午前4時ごろ、八巻さんの心拍低下でアラームが鳴り、当直の30代女性看護師が駆けつけたが、約1時間後に死亡を確認。司法解剖の結果、死因は中毒死だった。捜査本部は八巻さんの病名を公表していない。

 八巻さんは栄養剤の点滴を受けており、最後に点滴の袋を交換したのは19日午後10時だった。点滴の袋には異常があり、体内から異物が検出された。捜査本部は何者かが点滴に異物を混入した可能性があるとみて調べる。同病院では18日以降、ほかに80~90代の男性2人と90代の女性1人が死亡。いずれも病死と診断された後に司法解剖されており、週明けに結果が出る。

 八巻さんは14日から8人部屋の病室に入院。八巻さんを含め6人が入院していた。当時は当直の看護師や警備員ら6人が勤務。午後9時以降、玄関は施錠され、関係者以外は侵入できない状況だった。院内に防犯カメラはなかった。

このニュースの写真

  • 点滴に異物か 入院患者死亡 横浜の病院、殺人で捜査
  • 点滴に異物か 入院患者死亡 横浜の病院、殺人で捜査

関連ニュース

手術中、布に火 女性患者やけど レーザーメス使用 東京医科大

「ニュース」のランキング