産経ニュース

蔵王山で1カ月ぶりに火山性微動 活発化の兆候なし

ニュース 社会

記事詳細

更新


蔵王山で1カ月ぶりに火山性微動 活発化の兆候なし

 仙台管区気象台は22日、宮城県と山形県にまたがる蔵王山で、地下のマグマや火山ガスの動きを示す火山性微動が発生したと発表した。8月22日以来。

 火山性微動は、山頂の南西約5キロにある坊平観測点で午前10時41分ごろから約3分間観測され、その前に火山性地震が6回起きた。地殻変動に変化は見られず、火山活動に活発化の兆候はないとしている。噴火警戒レベルは1で変わらない。

関連ニュース

「ニュース」のランキング