産経ニュース

【もんじゅ廃炉方針】夢の原子炉 迷走20年 なぜ成果が出なかったのか…組織体質やずさん管理、ナトリウムの難しさ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【もんじゅ廃炉方針】
夢の原子炉 迷走20年 なぜ成果が出なかったのか…組織体質やずさん管理、ナトリウムの難しさ

福井県の西川一誠知事(右奥)、同県敦賀市の渕上隆信市長(手前)と面会する松野文科相=21日夜、福井県庁 福井県の西川一誠知事(右奥)、同県敦賀市の渕上隆信市長(手前)と面会する松野文科相=21日夜、福井県庁

 1兆円超が投じられながら、「無用の長物」と酷評されてきたもんじゅ。なぜ20年以上も成果が出なかったのか。

 〈エネルギー事情 様変わり〉〈資源小国・日本に魅力〉。平成6年4月5日に初臨界を果たした際、新聞各紙には華やかな見出しが躍った。もんじゅの設計研究に携わった福井大付属国際原子力工学研究所の竹田敏一特任教授は、「日本独自の技術で高速炉をつくるという大きな夢と誇りがあった」と振り返る。

ナトリウム漏れ

 もんじゅへの期待が崩れたのは、7年12月に起きたナトリウム漏れ事故だ。高速炉に使われるナトリウムは熱の伝導効率が高く、核分裂反応を活発に保つという利点がある。ただ空気や水と触れると激しく反応し、事故では火災が生じた。

 事故現場を撮影したビデオには、どろどろになったナトリウムが写っていたが、公開されたビデオではその場面を意図的に隠して発表。大きな批判を浴び、記者会見で矢面に立たされた責任者が自殺に追い込まれた。

 当時の関係者は「高度な技術を外部に漏らさない情報管理意識が強かった」と話す。

組織ずさん体質

 もんじゅを担った動力炉・核燃料開発事業団は、後に核燃料サイクル開発機構、日本原子力研究開発機構と転々とし、組織として足元が定まらないまま、もんじゅの停止が続いた。

続きを読む

関連ニュース

もんじゅ、廃炉も視野に検討 再稼働には数千億円の追加必要 政府内で意見対立

「ニュース」のランキング