産経ニュース

東日本大震災5年半 避難なお14万4000人

ニュース 社会

記事詳細

更新


東日本大震災5年半 避難なお14万4000人

11日で震災から5年半。仙台市若林区荒浜の慰霊碑では手を合わせる人の姿も見られた=10日、宮城県仙台市 (川口良介撮影) 11日で震災から5年半。仙台市若林区荒浜の慰霊碑では手を合わせる人の姿も見られた=10日、宮城県仙台市 (川口良介撮影)

 東日本大震災は11日、発生から5年半を迎える。被災地では、遅れていた住まいの再建が本格化しているが、いまも約14万4000人が避難生活を送る。

 岩手、宮城、福島3県では7月末現在、災害公営住宅は、予定の64%に当たる1万8846戸が完成。

 岩手、宮城両県では67%、福島県も55%に達している。

 ただ、福島では東京電力福島第1原発事故の避難者向け公営住宅4890戸の建設が遅れ、33%にとどまっている。

 被災の爪痕が残る仙台市若林区荒浜では、慰霊碑に手を合わせる人の姿が見られた。

「ニュース」のランキング