産経ニュース

西松建設株主代表訴訟で和解成立 東京高裁 旧経営陣ら1億5000万円支払い

ニュース 社会

記事詳細

更新


西松建設株主代表訴訟で和解成立 東京高裁 旧経営陣ら1億5000万円支払い

 巨額献金事件で会社に損害を与えたとして、準大手ゼネコン「西松建設」の株主が同社旧経営陣10人に計6億9000万円の損害賠償を求めていた株主代表訴訟は9日、東京高裁(後藤博裁判長)で和解が成立した。

 原告側によると、和解骨子は、(1)旧経営陣らは同社に1億5000万円を支払う(2)会社は政治とカネの問題を追及する一般財団法人「政治資金センター」に1000万円を寄付する-の2点。

 1審東京地裁は平成26年9月、旧経営陣6人に6億7200万円の支払いを命じ、双方が控訴していた。

 西松献金事件では、同社が設立したダミーの政治団体に幹部社員らが寄付する形で政治献金を捻出。幹部社員には賞与の形で寄付分の穴埋めをしていた。

「ニュース」のランキング