産経ニュース

善光寺の小松玄澄貫主から事情聴く セクハラを否定か

ニュース 社会

記事詳細

更新


善光寺の小松玄澄貫主から事情聴く セクハラを否定か

取材に応じる善光寺「大勧進」住職の小松玄澄貫主=7月12日、長野市 取材に応じる善光寺「大勧進」住職の小松玄澄貫主=7月12日、長野市

 善光寺(長野市)の天台宗側トップ、小松玄澄「大勧進」貫主(83)が、女性職員に差別的な発言やセクハラをしたとして信徒らに罷免要求された問題で、天台宗務庁(大津市)が小松貫主から2回にわたって事情を聴いたことが8日、分かった。関係者によると、これまでと同様に疑惑を否定したとみられる。

 善光寺は天台宗の「大勧進」と浄土宗の「大本願」が運営。大勧進の25院でつくる団体「一山」や信徒有志が6月、小松貫主にそれぞれ辞任を求めたが応じず、7月に罷免を求める申告書を天台宗務庁に提出していた。

 天台宗務庁によると、7日に2回目の聴き取りを実施。「内容は答えられない」としている。

 小松貫主はこれまでの取材に「全くの事実無根。身の潔白を示していきたい」と話している。

「ニュース」のランキング