産経ニュース

酔わせた女性に強制わいせつ 東大生に懲役2年求刑 東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


酔わせた女性に強制わいせつ 東大生に懲役2年求刑 東京地裁

 酒に酔わせた女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつと暴行の罪に問われた東大生、松見謙佑(けんすけ)被告(22)の論告求刑公判が5日、東京地裁(島田一裁判官)で開かれた。検察側は「他人への想像力を欠く悪質な犯行だ」として懲役2年を求刑。弁護側は「酒席での悪ふざけ的な犯行だった」として執行猶予付きの判決を求めた。判決は20日。

 論告などによると、松見被告は友人の東大大学院生や東大生の男らと4月、わいせつ目的の飲み会サークルを結成。5月10日夜から11日未明、同サークルの飲み会で、参加した女性=事件当時(21)=を酔わせて全裸にし、背中をたたくなどした。さらに女性に馬乗りになってキスをした上、カップラーメンの麺を女性の胸に落としたとされる。

 この事件では東大生5人が逮捕。松見被告ら3人が起訴され、公判中。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】女性をモノ扱いした東大生たちの鬼畜な所業が明らかに…全裸で号泣する女性の肛門に割り箸 「あいつは尻軽女だ…」

「ニュース」のランキング