産経ニュース

【16歳少年遺体】「嘘をついたり、電話やメールを無視したりしたから殺した」 逮捕の16歳少年が供述

ニュース 社会

記事詳細

更新

【16歳少年遺体】
「嘘をついたり、電話やメールを無視したりしたから殺した」 逮捕の16歳少年が供述

 埼玉県東松山市の都幾(とき)川河川敷で同県吉見町の井上翼さん(16)の遺体が見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された同市の無職の少年(16)が「嘘をついたり、電話やメールを無視したりしたから殺した」などと容疑を認めていることが、捜査関係者への取材で分かった。埼玉県警東松山署捜査本部は少年が井上さんを殺害した際の状況などについて詳しく調べている。

 逮捕容疑は22日ごろ、同市下唐子の都幾川河川敷で、井上さんを何らかの方法で殺害したとしている。捜査本部によると、少年は24日未明、父親に付き添われて同署に出頭。井上さんとは知人で、捜査本部は2人の交友関係についても調べている。

 井上さんは発見時、全裸で体が半分河川敷に埋まっており、司法解剖の結果、死因は溺死と判明。体に目立った傷はないが、顔など数カ所で皮膚が変色しており、捜査本部は暴行によるものか川の増水で漂流物が当たるなどしたのかを慎重に調べている。

 県警は23日から、知人に通話アプリ「LINE」で「人を殺してしまった」という内容を送信していた15歳の少年を含む10人以上の関係者から話を聴いていた。県警は、少年らが撮影したとみられる井上さんの映像も入手しており、中には井上さんが裸で川を泳がされている様子などが写っていた。

 河川敷周辺では22日夕方、バイクに乗った複数の少年が目撃されており、事件との関連を調べている。

「ニュース」のランキング