産経ニュース

【軽井沢スキーバス転落】現場の倒れたガードレール撤去 9月中に新設

ニュース 社会

記事詳細

更新

【軽井沢スキーバス転落】
現場の倒れたガードレール撤去 9月中に新設

大学生ら15人が死亡したスキーバス事故の現場のガードレールを撤去する作業員=24日午前、長野県軽井沢町 大学生ら15人が死亡したスキーバス事故の現場のガードレールを撤去する作業員=24日午前、長野県軽井沢町

 大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス事故で、国土交通省は24日、バスが衝突して倒れたままになっている現場のガードレールを撤去した。

 国交省によると、ガードレールの長さは約57メートル。作業員らが手作業で外し、衝撃でひしゃげた部分を重機でつり上げた。

 新設されるガードレールは、高速道路で使われるものと同じ強度になる予定で、9月中に修復を終える。道路脇にある献花台は当面維持する。

 事故は1月15日午前1時55分ごろ発生。ツアーの大型バスが時速96キロでガードレールを突き破り転落した。

「ニュース」のランキング